2012年07月

2012年07月20日

医療費トップは山口=11年度、1人当たり37万円

 昨日の時事通信社の記事です。国保の1人当たり医療費についての記事です。トップの山口県と最下位の沖縄県との間には実に12万円近い差があります。やはり地域によって生活習慣や食事、気候などで病気の発症率が違うのでしょうか。非常に興味深い記事です。内容は下記の通りです。


『国民健康保険中央会が19日発表した2011年度医療費速報によると、市町村国保の医療費総額は前年度比2.6%増の10兆8618億円、被保険者1人当たりの平均医療費は同3.3%増の30万5276円となった。都道府県別で最も高かったのは山口の37万5521円、最低は沖縄の25万9130円で、両県の間には1.45倍の開きがあった。
 山口に次いで1人当たりの平均医療費が高かったのは、香川(37万1002円)、島根(37万979円)の順。低かったのは、沖縄以下、茨城(26万4115円)、千葉(27万2028円)と続いた。』

doctor_b3 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

2012年07月06日

「医療費が返ってくる」還付金詐欺が急増

 本日のYTVの記事です。振り込め詐欺の被害はいっこうに減らないですね。あの手この手の方法で被害にあう方が後を絶ちません。冷静な判断が必要です。今度は医療費の還付をダシに振り込め詐欺です。そんなお金を振り込んでからの医療費の還付なんてありえませんのでご注意を。内容は下記の通りです。


『振り込め詐欺の被害が減らない中、今年は「医療費が返ってくる」などのだまし文句で金を振り込ませる還付金詐欺が急増しているとして警視庁が注意を呼びかけている。
 警視庁によると、今年上半期に東京都内で確認された還付金詐欺は153件で、被害総額は1億4563万円に上る。前年同期には0件だった還付金詐欺が今年は多発しており、被害者の4分の3が60歳以上の女性で、平均被害額は95万円に上るという。
 還付金詐欺とは、社会保険事務所や市の職員を装った犯人から電話がかかってきて「医療費が返ってきます」などのだまし文句でATM(=現金自動預け払い機)に誘導され、金を振り込んでしまうもの。警視庁は「携帯電話で電話をしながらATMを操作している高齢者には声をかけてほしい」と呼びかけている。』


doctor_b3 at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 
記事検索