2014年12月27日

医療器具使用履歴を「刻印」で簡単管理

 先週の朝日新聞の記事です。病院が医療器具の使用履歴を低コストで管理できる技術を業務用プリンター大手と浜松医科大学が共同開発するという内容の記事なのでご紹介します。この技術が開発され普及すれば、医療コストの無駄削減にも大きく貢献すると思います。早期に市販化されることを期待します。内容は下記の通りです。


『金属表面の数ミリ大の刻印を機械で読めば、いつ、どの手術で使ったかがわかる――。病院が医療器具の使用履歴を低コストで管理できる技術を、業務用プリンター大手のローランドディージー(浜松市北区)と浜松医科大が共同開発する。院内感染を防ぎ、手入れの時期もわかる。国の支援も得て、5年後の市販化を目指す。
 医科大が内視鏡手術などで使う1万2千個の医療器具に、同社の専用機で刻印する。金属の表面を針でへこませる方式で、印字が消えず、さびにくいという。刻印は医療器具のデータベースと連動させ、製造元や型番、使用履歴がわかるようにする。院内感染を防がなくてはいけない疾患に使われた器具を仕分けるにも便利だという。
 同社によると、多くの医療機関ではコスト面から、医療器具の数や履歴が把握できていない。共同開発は、安価に器具を管理できる仕組みづくりが狙いだ。
 今回の共同開発では、医療器具の洗浄や組み立ての手順書を電子化し、ミスが起きにくい環境も整える。パソコン画面の指示を頼りに、組立工1人でプリンターをつくる同社の製造ノウハウを応用する。
 共同開発は産学連携を後押しする経済産業省の今年度のモデル事業にも選ばれた。初年度に必要な金額の3分の2にあたる約3500万円の補助金が出る。』


doctor_b3 at 10:27│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索