2014年10月24日

生活保護者に後発薬…「医療扶助費」圧縮へ

 本日の読売新聞の記事です。生活保護を受けられている方の医療費に充てる「医療扶助費」の見直しに関する記事なのでご紹介します。見直し案では、「医療扶助費」の中の投薬をすべて後発品に切り替えるということですが、医療扶助費に限らず、効用・安全性に問題なければ、一般の投薬も可能な限り切り替えて、無駄を削減し、難病の治療に関する新薬の開発に充てていくようにすれば良いのではないかと思います。内容は下記の通りです。


『財務省は、生活保護受給者の医療に充てる「医療扶助費」を2015年度予算編成で見直し、処方する薬を価格の安い後発医薬品(ジェネリック)に切り替えることで約500億円の圧縮を図る方針を固めた。
 27日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で見直し案を示し、厚生労働省との折衝に入る。
 生活が困窮している人に支給する生活保護費は12年度で約3・6兆円に上り、受給者は最多の約216万人(昨年10月末時点)に達している。受給者の医療にかかる費用は公費である医療扶助費で全額負担される。12年度は1・7兆円で、生活保護費の約半分を占めた。
 後発医薬品は、特許切れの医薬品と成分や安全性が同等で、値段が安いのが特徴だ。現在、医療扶助の対象では48%しか使われていないが、財務省は全て後発医薬品に切り替えることで、医薬品にかかる費用を920億円から420億円程度に圧縮できると試算している。』


doctor_b3 at 09:36│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索