2014年08月08日

コニカミノルタ、クラウドで在宅医療支援 医師ら情報共有

 昨日の日本経済新聞の記事です。コニカミノルタが自社で運営するクラウド型電子カルテシステムと連携させた在宅医療支援システムを月内に開始するという記事ですのでご紹介します。IT技術を活用した医療連携が徐々に広まりつつあります。こうした技術を利用して、医療機関や介護事業者、そして患者さんの利便性が向上すること、そしてそれにより、医療・介護の無駄が削減されることを期待します。内容は下記の通りです。


『コニカミノルタは月内に在宅医療を支援する新しいクラウドサービスを始める。自社で運営するクラウド型電子カルテシステムと連携し、医師や訪問看護師、介護士、薬剤師が患者の状態に加えて、薬の処方状況などの情報も共有する。自宅でより安心して療養できる環境を整え、医療費の削減につながる在宅医療の拡大を後押しする。
 在宅医療は1人の患者に別々の組織に所属する医師や看護師、介護士などが関わる。現状は患者宅に置いたノートへの書き込みや電話・FAXでのやりとりなどで情報を共有する例が多い。新サービスはこうした手間を省くことで医療の効率と質を高める。
 新サービスは在宅医療を手掛ける診療所や病院と契約。診療所などが指定する看護師や介護士がタブレット(多機能携帯端末)やパソコンを使って、ネット上で保管する患者の情報を共有する仕組みにする。
 患者の自宅を訪問する際、看護師や介護士はタブレットを持参。その場で患者の状況や体温・血圧の測定結果、カメラで撮影する患部の写真などをクラウド上のシステムに入力する。処方薬の効き具合などの観察結果も共有し、医師の診療に役立てる。
政府は医療費抑制に向けて、入院患者を減らす方針。在宅医療を支援する機能を備えた診療所や病院は2012年時点で全国に約1万4000件ある。コニカミノルタの新サービスは医師など10人で利用する場合、初期費用が20万円、1カ月当たりの利用料は2万円。3年後には1000施設での導入を見込む。』



doctor_b3 at 10:26│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索