2014年07月25日

最先端から地域連携まで医療の未来を探る新病院

 一昨日の夕刊フジの記事です。北里大学病院の「新病院プロジェクト」に関する記事ですのでご紹介します。地域の中核病院である大学病院が地域医療・連携を推進していくのは、今後の高齢化社会において理想的な体制ですね。今後の取り組みに注目です。内容は下記の通りです。


『新しい病院は、設備やアメニティーが充実している。術中にCT(コンピューター断層撮影)や血管造影が行えるハイブリッド手術室をはじめ、手術支援ロボットなど、最先端の医療設備はもちろん、屋上にはヘリポートを設置し救急医療にも貢献。
 さらに、ホテルのようなロビーや特別室など、新しい建物には目を見張るものがある。特に、高度先進医療を推し進める大学病院では、設備の充実は最先端の治療も後押しする。
 そんな新病院(本館)を今年5月にオープンした北里大学病院では、単に高度先進医療の推進だけでなく、将来的な地域医療の発展も念頭に置き、新たなモデルケースとなるような体制づくりも行っている。
 「大学病院の役割として、高度先進医療や急性期疾患の治療、研究や人材育成などがあります。一方で、急性期の治療を終えた患者さんは、地域での回復期医療や在宅医療が必要となります。従来、地域連携は強化していますが、回復期医療や在宅医療を担う人材育成も必要不可欠です。包括的な医療の提供をすべく、新病院のプロジェクトでは、将来を見据え、時代に合わせて成長する大学病院を目指しています」とは、海野信也病院長(58)。
 北里大学病院は1971年に開院。2005年、建物の老朽化による建て替えも含めた「新病院プロジェクト」をスタート。本院から約600メートル離れた北里大学東病院では、機能の一部を本院へ移すと同時に、回復期リハビリテーション、在宅・緩和支援センター、小児在宅支援センターなどを新設し、来秋には新病院プロジェクトを完成させる予定だ。
 すでに、患者には入院直後から医療ソーシャルワーカーがサポートし、退院後の道筋もスムーズになるような体制を整えている。しかし、海野病院長は、さらに病院を成長させるべく奮闘中。
 「新しい病院の建物は、その後、40〜50年は使用することになります。今が最適であっても、時代によって変化は求められます。将来的に必要となる医療は何か。人材育成の仕組みをどうシステマティックに変えていくか。建物だけでなく、人材とその運営に関わる新たな仕組み作りを行っているところです」
 一般的に、高度先進医療などではチーム医療の重要性が叫ばれて久しい。漠然とした横のつながりではなく、いかに業務を連携させるか。それを具現化すべく、海野病院長は、チーム医療担当の院長補佐を設置し、組織自体のあり方にまで踏み込んだ取り組みを行っている。加えて、薬剤師や看護師など、医師以外のスタッフへのキャリアアップ制度など、実際に働く人たち全体の成長も後押ししようとしている。
 「高齢化社会が進む日本で、これからの大学病院の在り方を示したい」と海野病院長。未来適応の病院へと進化し続けるべく、力を注いでいる。』

doctor_b3 at 09:41│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索