2013年09月05日

医療施設:診療所数、初の10万超

 本日の毎日新聞の記事です。医科診療所の数が初めて10万件を超えたという内容の記事なのでご紹介します。医療供給体制も徐々に変化しつつありますね。機能分化が進みつつあります。今後は、診療所でのプライマリケアの充実が課題になっていくことと思います。内容は下記の通りです。


『歯科診療所を除く一般診療所(19床以下)の数が、昨年10月時点で10万152施設(前年比605増)となり、1953年の統計開始以降初めて10万施設を超えたことが、厚生労働省の2012年医療施設調査で分かった。一方、病院(20床以上)は40減の8565施設。平均在院日数は31.2日で前年より0.8日短くなった。
 同省は「地域医療の担い手が病院から診療所へと移ってきているのではないか」と分析している。
 病院のうち精神科専門などを除く7493施設中、小児科を掲げていたのは2702施設(前年比43減)、産婦人科を掲げていたのは1218施設(同21減)で、いずれも19年連続の減少。』


doctor_b3 at 09:02│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索