2013年04月19日

医療立国 遠隔医療で高齢化対応

 本日の産経ニュースの記事です。遠隔医療の推進の記事なのでご紹介します。遠隔医療は以前から構想されており、ITが発達した昨今、あらためて推進の構想が議論されています。今後も様々な課題があり、普及には困難を極めると思いますが、技術革新とともに是非とも法整備も含めて制度の普及を願ってやみません。内容は下記の通りです。


『医師不足と高齢化への切り札として今、注目が集まる「遠隔医療」。岡山県新見市では、光ファイバーを利用した独自の遠隔医療モデルを構築、実証実験を重ねている。
 4月上旬、午前中の外来診療が一段落した午後0時半。阿新診療所の山口義生医師がテレビ電話の画面に向かうと、看護師とともに自宅の床に座る女性の姿が映し出された。
 「眼瞼(がんけん)結膜をみせてもらえますか」。山口医師がそう言うと、画面に女性の目がアップで映し出される。
 相手は、市内に住む福田輝子さん(70)。下半身マヒを患い、月に1〜2回、訪問看護の機会にテレビ電話で山口医師からの診察を受けている。福田さんは「車の乗り降りだけでも苦労するので病院に行くのは大変。家にいてみてもらえるのはありがたいです」と話す。
 新見市は面積約790平方キロメートルと県の1割超を占めるが、人口は約3万3千人で高齢化率は36・2%。医療機関は街の中心部に集中し、医師不足は深刻だ。厚生労働省の平成22年の調査によると、市内の医師数は10万人当たり97・4人。県平均(282・9人)の3分の1程度だ。
 こうした状況を打開するため、平成16年から新見医師会を中心に、遠隔医療システムの構築に取り組んできた。同市では20年に市内全戸に光ファイバーが敷設されたことから、市内の4病院と16診療所、11介護施設にテレビ電話を設置。訪問看護師が患者宅を訪ね、携帯型テレビ電話端末を持ち込み、医師が診察を行う仕組みだ。介護施設入所者の健康管理にも利用し、実証実験を積み重ねている。新見医師会の太田隆正会長は「医師不足が深刻な状態の中、専門医がいなくなっていくのをカバーできる」と期待を込める。
 山口医師も難しい症状は、専門の医師にテレビ電話で尋ねたことがある。診療所の医師は山口医師1人だけだ。「分かりにくい症例などは専門の先生に相談でき、助かっています」
 では、今後どう発展させればいいか。現状ではテレビ電話での診察は一定条件を満たさないと診療報酬の対象とならず、病院側の負担が重いといった課題も残る。「患者と医師の双方にメリットがあるのだから、利益につながる仕組みを整えていくべきだ」。日本遠隔医療学会理事で高崎健康福祉大学の東福寺幾夫教授は、法整備も含めた社会基盤の整備を求めている。』


doctor_b3 at 10:44│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索