2012年10月25日

ニセ医者、心療内科で100人以上に医療行為か

 昨日の読売新聞の記事です。またまたニセ医者に関する記事です。このところニセ医者に関する報道が後を絶ちません。厚生労働省でも様々な対策を立てていますが、モグラ叩きの状況です。厚生労働省にアクセスして「医師検索」システムで検索することもできますが、たまに登録されていない医師もいますし、偽名を使われるとわかりません。また、医師免許証も偽造されると本人と照合できないため、確認が困難です。こうした状況を踏まえて、早急に対策を立てないといけません。我々、医師の紹介会社もいつニセ医者に遭遇するかわかりませんので、細心の注意を払っています。内容は下記の通りです。


『医師免許なしに医療行為をしたとして、長崎県警は24日、同県佐世保市木風町、自営業前田憲助被告(48)(偽造有印公文書行使罪などで起訴)を医師法違反(無資格医業)の疑いで再逮捕した。
発表によると、前田被告は2011年10月〜今年6月、同市天満町、心療内科診療所「心サポートクリニック」で、20〜40歳代の男女3人に対し、問診や診察、投薬などの医療行為をした疑い。これまでに健康被害などの報告はないという。
 前田被告は11年4月頃、親族の男性医師とともに診療所を開設。前田被告は経営者の立場だったが、男性が不在の合間に、白衣を着て患者を診ていたという。以前、医療機関や製薬会社に勤めており、医学や薬の知識があったため、受診した3人は医師と信じ込んでいた。
 診療所では今年8月に休業するまで、約300人の患者を受け入れており、県警は、前田被告が100人以上に医療行為をしたとみて、動機や余罪を追及する。
 前田被告は9月、市内の飲食店で、診療所の患者らに、自分の名前などを上から貼り付けた男性の医師免許のコピーを見せ、医師を装ったとして、偽造有印公文書行使容疑などで逮捕された。その後の調べで、医療行為をしていたことも認める供述をし、裏付けがとれたため再逮捕された。』(2012年10月24日15時02分 読売新聞)

doctor_b3 at 09:02│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索