2012年08月31日

ダウン症 北大も妊婦血液で診断 高精度、秋にも開始

 本日の北海道新聞の記事です。出産前の染色体異常の検査が話題になっていますね。高齢出産の増加に伴いダウン症の新生児も増えてると聞きます。中絶の問題は非常に難しいです。生まれてくる新生児に罪はないのですが。人間の命に関する問題なのでじっくり議論しなければなりません。内容は下記の通りです。


『関東の医療機関が9月から実施を予定する、妊婦の血液で胎児が染色体異常のダウン症かどうかほぼ確実に分かる出生前診断の臨床研究について、北大が参加を検討していることが30日、分かった。学内の臨床研究に関する審査委員会の承認が得られれば、今秋にも始める。確実性が高いとされる診断を採血だけで受けられるため、妊娠中絶の増加につながる懸念が指摘されており、道内でも議論を呼びそうだ。』(北海道新聞8月31日朝刊掲載)

doctor_b3 at 09:09│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索