2012年07月20日

医療費トップは山口=11年度、1人当たり37万円

 昨日の時事通信社の記事です。国保の1人当たり医療費についての記事です。トップの山口県と最下位の沖縄県との間には実に12万円近い差があります。やはり地域によって生活習慣や食事、気候などで病気の発症率が違うのでしょうか。非常に興味深い記事です。内容は下記の通りです。


『国民健康保険中央会が19日発表した2011年度医療費速報によると、市町村国保の医療費総額は前年度比2.6%増の10兆8618億円、被保険者1人当たりの平均医療費は同3.3%増の30万5276円となった。都道府県別で最も高かったのは山口の37万5521円、最低は沖縄の25万9130円で、両県の間には1.45倍の開きがあった。
 山口に次いで1人当たりの平均医療費が高かったのは、香川(37万1002円)、島根(37万979円)の順。低かったのは、沖縄以下、茨城(26万4115円)、千葉(27万2028円)と続いた。』

doctor_b3 at 09:00│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索