2012年03月23日

医療事故最多の2799件 「積極的に報告」

 昨日の産経ニュースの記事です。医療事故の件数は増えましたが、記事にもあるように積極的に報告・共有して同じ事故が起こらないように、また件数自体も減っていくようにしてほしいものです。ヒアリ・ハットの報告件数も「ハインリッヒの法則」に近い件数になってますね。事故を防ぐためには、ヒアリ・ハットの分析・防止も重要だと思います。内容は下記の通りです。


『日本医療機能評価機構(東京)は22日、昨年全国の医療機関から報告があった医療事故は前年比96件増の2799件で、年単位の集計を始めた平成17年以降で最多になったと発表した。「ミスを共有し再発を防ぐため、積極的に報告する医療機関が増えたためではないか」と分析している。
 2799件の内訳は、医療法に基づき報告が義務付けられた大学病院などが2483件、任意参加の医療機関が316件。
 このうち、因果関係は不明だが、2週間以内に患者が死亡したケースは、報告義務がある医療機関で140件あった。
 事故につながる恐れがあった「ヒヤリ・ハット」事例の報告は、医療機関で約62万件、薬局で約8千件だった。』


doctor_b3 at 09:17│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索