2011年09月30日

医療費、09年度36兆円で最高更新 国民所得の1割超す

 昨日の日本経済新聞の記事です。医療費は年々高騰していますが、ついに40兆円に近づいてきました。2025年度には52兆円という膨大な額になると予想されています。今後、国民が必要な治療を受けられ、しかも効率的に医療費が抑えられるような対策が望まれますが難しい問題です。


『厚生労働省は29日、国民が1年間に使った医療費の総額を示す国民医療費が2009年度に前年度比3.4%増の36兆67億円となり、過去最高を更新したと発表した。高齢化と医療技術の進歩によるコスト増が医療費を押し上げており、1人あたり医療費は若年層を含む全世代で増加。同省は25年度に50兆円を超すとみている。
 国民医療費の増加は3年連続。病気やケガが長引きがちな高齢者が増えていることが主因で、75歳以上の後期高齢者の医療費は約7600億円増の11兆7335億円。医療費全体の32.6%を占めた。75歳以上の医療費は保険給付の5割を税金、4割を現役世代が拠出する支援金でまかなっており、医療費負担が現役世代を圧迫する構図が年々強まっている。
 国民1人あたり医療費は3.6%増の28万2400円で過去最高。年齢層別では65歳未満が平均16万3千円だったのに対し、65歳以上は4.2倍の68万7700円。75歳以上は85万5800円で5.3倍となった。
 1人あたり医療費は若年層も含めた全世代で増えており、厚労省は「医療技術の進歩が背景にある」としている。
 磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)など高度な検査・診断機器が普及。治療技術もメスで胸や腹を開く手術に代わって内視鏡や小さな管を使う非開腹の手術が広がった。高価な医療機器や医薬品を使うことが医療費が高くなる要因の一つになっている。
 国民所得(09年度339兆円)に対する比率は10.61%。初めて10%を突破した。1990年度には5.94%だったが、その後は医療費の増加とともに上昇基調をたどってきた。09年度は金融危機などで国民所得が3.6%減ったことも響き0.72ポイント上がった。
 医療費をまかなう財源のうち、被保険者と事業主が払い込む保険料は48.6%と2年連続で減った。一方、国と地方が税金から支出する公費の割合は37.5%と2年連続で増加。窓口負担など患者負担が占める割合は13.9%で減少が続いた。
 10年度は医療の公定価格である診療報酬を10年ぶりに増額改定しており医療費は一段と膨らむ。高齢化や医療技術の進歩は続くとみられ、今後も国民医療費は増える。厚労省は25年度におよそ52兆円に膨らむ可能性があると推計している。』(日本経済新聞)


doctor_b3 at 08:59│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索