2011年02月17日

介護保険法改正案:介護病床廃止、6年延期 施設へ転換進まず

 本日の毎日新聞の記事です。やはり延長になりましたね。私も今、ある病院で病床転換計画のお手伝いをしています。記事によると、医療療養病床にも再編のメスが入るかもしれない、ということですね。不気味です。内容は下記の通りです。

『厚生労働省は16日、11年度末と定めている介護療養病床(約8万6000床)の廃止期限を6年延期し、17年度末とする方針を固めた。今国会に提出する介護保険法改正案に盛り込む。医療施設の同病床から、介護施設への転換が進んでおらず、同省は昨年末、廃止期限の延期を表明していた。
 自公政権は、介護療養病床を治療の必要がないのに長期入院を続ける「社会的入院」を助長しているとして、06年に11年度末で全廃し、介護施設などに転換することを決めた。しかし、厚労省の調査では、昨年3月末時点で介護施設に変わったのは約2万床にとどまり、85%は医療療養病床に転換するなど当初の想定通りに進んでいなかった。同省は、医療療養病床も含めた再編を進める方針で、診療報酬と介護報酬の同時改定となる18年4月に合わせ、廃止することとした。その間、介護療養病床の新設は認めない。』


doctor_b3 at 09:16│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索