2010年10月21日

75歳以上の国保料、10年後は2万2千円増

 本日の読売新聞の記事です。試算はその通りかもしれませんが、年々社会保障

費は上がるわけで、結局どこが、誰が負担するかになります。保険制度だけでな

く、医療・介護制度全体を考えながら、これからのあり方を検討する必要があり

ます。内容は下記の通りです。

『政府が後期高齢者医療制度の代わりに検討している新制度について、厚生労働省の試算が20日、明らかになった。
 国民健康保険(国保)に移る75歳以上の約1200万人の平均保険料は2020年度に年8万5000円となり、現在より2万2000円増える。
 厚労省は2013年度から始める予定の新制度の中間取りまとめで、後期高齢者医療制度の1400万人のうち1200万人を国保に、200万人を大企業の健康保険組合(健保組合)など被用者保険に移ってもらうことを決めている。
 現行制度では、75歳以上の平均保険料は年6万3000円。現行のままだと、2013年度に6万8000円、20年度に8万7000円となる見込みだ。これが新制度になった場合、13年度は2000円増えるものの、20年度には2000円抑えられるとしている。
(2010年10月21日09時02分 読売新聞)


doctor_b3 at 09:39│Comments(0)TrackBack(0)コンサルタント日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索