2010年09月28日

「大阪の医師に来てほしい」 北海道赤平から病院の窮状訴え

 先週の産経新聞の記事です。地方では特に医師不足が深刻です。紹介できる

DRがおられたら、紹介してさしあげるのに、という気持ちでいっぱいです。内

容は下記の通りです。

『深刻な医師不足に悩む北海道赤平(あかびら)市の市立赤平総合病院の臨床検査科技師長、東元紀さんが、大阪市北区の産経新聞大阪総局に来社。同病院の窮状を訴えるとともに、「地域医療に熱意をもつ大阪の医師にぜひ、赤平に来てほしい」とPRした。
 同市は北海道のほぼ中央にあり、大正時代に開けた石炭の町。だが、平成6年、最後の炭鉱が閉山。以降、人口流出と高齢化が急速に進み、昭和30年代に約6万人を数えた人口も、現在は1万3千人を切り、65歳以上の人口も30%を超えるという。
 閉山の影響は同病院にも波及し、収益は急速に悪化。医師不足も深刻となり、常勤医師は平成16年の18人から今年9月現在、内科4人、外科2人、小児科1人、研修医2人の9人に半減した。
 このため、3年前に院内に「医師確保対策委員会」を発足。医師住宅の改築・新築を実施する一方、同病院の体験視察会を実施。これまで延べ7人が参加、3人を採用した(現在、残っている医師は1人)。
 同対策委委員長の東さんは「若い医師は定住してもらうのが難しいので、地域医療経験のある40代から60代の医師を探しています」と話す。』




doctor_b3 at 11:47│Comments(0)TrackBack(0)医師転職情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索